地域貢献事業

-

地域貢献事業とは、奈良県美容業生活衛生同業組合の組合員が、美容師としての技術や接客ノウハウを活かして地域貢献に取り組む事業です。

地域の課題と向き合い、少子高齢化に対応した福祉美容サービスを推進。美と健康を求める利用者のニーズに応えています。奈良県内の組合員は、地元地域において、日常生活の質の向上、活力ある地域社会づくりへの貢献とともに、美容業の役割を増大させ、新たな発展への途を拓いていきます。

ハートフル美容師など

日本の全人口に占める65歳以上の割合は、2016年に27.2%と25%(4人に1人)を超えました。このままのスピードで高齢化が進むと、2036年には33.3%(3人に1人)という超高齢社会を迎えます。
このような社会における顧客ニーズに対応するために、高齢のお客様や障害のあるお客様に、安心・快適・満足の美容サービスを提供するための知識・技術を身につけた美容師「ハートフル美容師」を設けています。
「美容連合会」と「シルバーサービス振興会」では、高齢のお客様や障害のあるお客様に対応するため、併せて美容店舗に来店できない方々に必要な知識・技術を身につけるための「ハートフル美容師養成研修」などを実施し、時代のニーズに沿った美容師の養成に努めています。
また、組合独自の訪問美容など高齢者・障がい者美容に関する講習会を開催し、サービスに必要な知識や技術の習得に努めています。

-

市町村福祉訪問美容サービスの受託など

平成13年から始められた市町村の福祉(訪問)美容サービスを受託しています。また市町村との高齢者等見守り協定も順次進んでいます。

安心・快適・奈良くらしの応援団事業

少子高齢化の進展に対応し、地域での安心・快適なくらしを応援するため、平成29年度から他の生衛組合と連携し、高齢者・障がい者及び子育て世代向けの訪問サービスと、お店の利用がしやすい"おもてなし"サービスを広めています。

~高齢者・障がい者・子育て世代向けサービス~

訪問プロジェクト:訪問美容サービス<県内で141サロン/H30年度現在>
元気プロジェクト:サロンにお迎えして元気になってもらう、おもてなしサービス<県内で42サロン>
  • 車椅子のまま入店・カットOK
  • バギーのまま入店OK
  • キッズコーナー設置(一部サロンでは保育サービス、子供カットスペースなども)
  • ミルクのお湯提供
  • 授乳コーナー設置 等

青年部活動

美容業の次代を担う若手グループ、青年部を組織し、県美容技術大会の運営やこれからの美容業に関する学習や研究など、概ね毎月例会を開催、美容業の元気づくりと活発な交流を深めています。